Python入門 リストのスライス(動画あり)

リストのスライス

リストはスライシングが使えます。
スライスを用いるとリストから複数の値を取得できます。スライスの使い方はインデックスと同様に、[ ]の中に2つの整数をコロンで区切って記述します。

スライスの指定(重要)

スライスは2つの整数をコロンで区切って使用します。

spam[1:5]

最初の整数は開始インデックスです。
第2の整数は終了を表しますが、インデックス番号は一つ前のインデックスを指します。
スライスはインデックスの境界に番号を振るとわかり安いです。

参考になった書籍

プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。

「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。

サンプルのダウンロード

ここでダウンロードする「python_list2.ipynb」ファイルは、この動画で使用したものです。

python_list2.ipynb

Python入門一覧