lecture

AI

Could not find the DLL(s) ‘msvcp140_1.dll’.エラー対策

今日WindowsでFlaskの授業行っていたら次のエラーが出た。 downloading "Microsoft C++などと出てたので、C++の何かが無いと騒いでいるのだなと気づいた。 面倒なので無駄な抵抗をせずにMacで...
Python

Pythonで警告を表示させたくない場合

Pythonコードを実行して警告を表示させたくない場合は次のコードを追加します。 警告フィルタは、ある警告を無視すべきか、表示すべきか、あるいは (例外を送出する) エラーにするべきかを制御するものです。
lecture

Pythonのリストのスライスと多次元リストの要素の取り出し方法

早速ですが、次のコードの結果を考えてみましょう。 結果は 'Ph' となります。 リストや文字列から特定の要素を取り出す場合は[]を使ってインデックスを指定します。 通常は1次元のリストの場合は[]を一つだけ使用して特...
lecture

MacでPythonのバージョンを切り替えて開発する方法

MacでPython のバージョンを切り替えて使うには Pyenvを使います。 導入には少し苦労するかもしれませんが、うまくいくと開発がスムーズにいきます。 その際、まずXcodeを使えるようにしておきます。 Xcode導入 Xco...
lecture

Macでの環境変数の設定方法

Macで環境変数を設定する方法の解説です。 環境変数とは そもそも環境変数とは何かというと、自分のPCのOSが持つ変数のことです。 つまり自分のPCで覚えさせておくと便利ものとして、例えばPATHです。 このアプリの実行ファイルはこ...
lecture

Herokuアカウント作成方法

Herokuのアカウント作成方法です。 Herokuの公式サイトに行きます。 次の図で示す赤枠内の「無料で新規登録」ボタンをクリックします。 表示された画面で必要事項を記入します。 ...
lecture

フィボナッチ数列でPythonのスワップについて試す

100以下のフィボナッチ数列を作るPythonのコードは次のようにします。 結果 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, プログラミングの学習でフィボナッチ数列がよく出てくるのは...
lecture

Python フォーマット済み文字列 f文字列

Python3.6からフォーマット済み文字列(f文字列)が使えるようになっています。 Pythonには % を使ったCスタイルの文字列フォーマット、format関数を使ったフォーマットなどが用意されています。 Cスタイルのフォーマットは...
lecture

Pythonのコードスタイルチェックツール〜autopep8

Pythonは正しいコードなら好きなように書いても良いとはいえ、一貫したコードスタイルに従うことは可読性の高いコードを書くことができます。 一般的にPEP8スタイルガイドに従うのが一番良さそうです。 PEP8 そんなコードスタ...
lecture

PythonAnyWhere環境変数の設定

PythonAnyWhere環境変数の設定について解説です。 この内容は、PythonAnyWhereの参考ページを参考にしたものです。 今回の内容はDjangoをPythonAnyWhereの自動デプロイした環境での説明です。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました