lecture

AI

Pythonで人物画像などの背景を簡単に抜く:rembgライブラリ

人物画像の背景を抜くには一昔前までは、Photoshopなどで職人技が必要だったのですが、AIを使うと簡単に同様のことができます。 今回はPythonのrembgライブラリを使用してみます。 サンプルコード GoogleColabフ...
AI

3_活性化関数 [ゼロから始めるDeepLearningを読む]プラス

活性化関数について パーセプトロンでは、入力値をウエイトで掛けた総和を0か1の値にして出力します。この、出力信号を変換する関数のことを活性化関数と言います。 けれども、現実問題ではこれだけでは複雑な処理ができません。 そこで、複雑な問...
AI

2_パーセプトロンからニューラルネットワークへ [ゼロから始めるDeepLearningを読む]プラス

そもそもニューラルネットワークで何ができるのか、もう一度確認しておきます。 ニューラルネットワークを使って、教師あり学習や、教師なし学習、あるいは強化学習を行うことができます。 けれども、ニューラルネットワークの仕組みを学習すると、「こ...
lecture

1_パーセプトロン [ゼロから始めるDeepLearningを読む]プラス

パーセプトロンとは パーセプトロンは、ローゼンブラットが1957年に考案したアルゴリズムです。パーセプトロンはニューラルネットワークの起源とも言われています。 パーセプトロンは複数の信号を受け取って一つの信号を出力するのが特徴です。...
AI

Word2vecをMacで試す〜日本語Wikipediaコーパス活用

日本語のWikipediaの公開データからコーパスを作成する方法はネットでたくさん出回っています。 今回はQiitaの「日本語版WikipediaのデータからWord2Vec用データをつくる(Mac対応)」記事を参考に試す方法です。 大...
AI

決定木の分類結果を可視化する際の書き方が変更(Colabも変更になってます)

決定木の特徴は分類した根拠を説明しやすいことです。 分類の過程をツリー状の図にして書き出すことができます。 その際に次のようにStringIOをimportしていました。 これが次のように変更になっています。最近Colab...
AI

M1チップ搭載MacBook Air Python機械学習系ライブラリインストール結果

M1チップ搭載のMacには機械学習系のライブラリがpipでインストールできない問題があります。 使用したPythonのバージョン:3.8.2(Macにインストールされている3系のバージョン) Anacondaは未導入 HomeBr...
AI

探索的データ解析するときにpandas_profilingを使ってみよう

探索的データ解析をする場合にまずpandas_profilingを使ってみましょう。 きっとあなたを幸せにしてくれると思います。 pandas_profiling Colabで使い方 Colabにはすでにインストールされてい...
Python

Raspberry Pi 4 のはじめ方 2 〜 VNCとの接続でCannot currently show the desktopが出た時の対策

Raspberry Piのセットアップが完了したら使い慣れたPCから遠隔操作できると便利です。 そのためにはVNCを使う方法が簡単です。 VNCの導入方法は「TRASKIT Raspberry Pi 4 のはじめ方」に書いていますの...
lecture

TRASKIT Raspberry Pi 4 のはじめ方

Raspberry Pi(ラズベリー パイ)は、イギリスのラズベリーパイ財団によって開発されたARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータです。教育用に作成されたものですが、ちょっとした電子工作からプログラミングなど用途は多彩です。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました