IT工房について

このサイトは、AI関係の記事やWeb開発者向けの記事を発信しています。Python入門から機械学習、ディープラーニング に関する技術的な内容をできるだけわかりやすく書いています。
また、動画を有効に活用することで更に理解を深められるよう工夫しました。今後、IT工房独自のアプリ開発やその支援またメンターやアドバイザーとしての活動にも携わる計画です。

GitHub
AI

Python 主な教師あり学習 K近傍法、SVM、決定木

教師あり学習の主なモデル(ロジスティック回帰は別の記事で解説) 教師あり学習は、入力データと対応する正解ラベルを用いて、モデルがデータからパターンを学習する機械学習の一種です。教師あり学習の主なアルゴリズムには以下のようなものがあります。...
AI

Python 教師あり学習 ロジスティック回帰をScikitーlearnで試す

ロジスティック回帰について ロジスティック回帰は、教師あり学習のアルゴリズムの一つで、回帰となっていますが、主に二値分類問題に適用されます。ロジスティック回帰は、線形回帰と同様に、特徴量と目的変数の関係をモデル化しますが、目的変数が確...
AI

偏差値50の人とAIについてChatGPTに問いかけてみた

質問 日本の高校の文系向け数学からベクトルの単元が無くなっています。数学嫌いで学ぶのが嫌なのは自由ですが、文系の人全てに学ぶ機会を失わせるということはおかしいと思います。日本は今後AIをはじめITで世界...
AI

Java入門者が Eclipseで作る、GPT3のAPIを使ったChatBot

GPT3 APIの取得 OpenAIのGPT3のAPIを使ったChatBotはPythonで作成すると簡単にできます。 けれども、場合によってはJavaを使いたい場合があるかもしれません。ChatBot自体のコードはそんなに難しくな...
AI

IT化の進まない日本の問題

インターネットでさまざまなサービスの住所変更を行うと、かなり苦労します。インターネットの初期から続く全角と半角の問題や、近年のセキュリティ対策に関する認証が大変面倒です。AI(ChatGPT)がスムーズに文章を生成する時代になっても、このよ...
AI

Pythonで機械学習 Scikit -learnで単回帰分析を行う方法

単回帰分析とは、1つの説明変数から目的変数を予測する分析手法です。重回帰分析は複数の説明変数を使う所が単回帰分析との違いとなります。 Pythonで使えるscikit-learnライブラリを用いた単回帰分析は、sklearn.linear_...
note

ChatGPT(GPT-4)との対談〜迷亭君との対決

問いかけ ChatGPTと夏目漱石の迷亭君ではどちらがほら吹きと言えるでしょうか。ユーモアたっぷりに答えて下さい。 回答 夏目漱石の作品『吾輩は猫である』に登場する迷亭先生と、私(ChatGPT)を...
note

GPT-4が公開 そのポイント

OpenAIからGPT-4の発表がありました。 ライブデモ動画 あわせて、ChatGPT PlusでもGPT-4が使えるようになっています。 ただし、注意しなければならないのは、ChatGPT Plusでマルチモーダルを試すこ...
Java

EclipseでプロジェクトのルートURLを変更する方法

問題点 Javaの学習で一度作った動的webプロジェクトをコピペして使いまわしたくなります。 けれども、Eclipseの動的webプロジェクトをコピーして新たなプロジェクトを作成したら、ルートURLがコピー元のプロジェクト名になります。...
AI

GPT4とマルチモーダルAI

この記事はGPT4発表以前のものです。 近日中にGPT4が発表されるのではと囁かれており、テキスト、画像、さらにはビデオを生成できるマルチモーダルモデルになるだろうとの予測が出ています。 マルチモーダルAIとは? マルチモーダルA...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました