Python入門 文字列の連結とフォーマット1(動画あり)

文字列と文字列の結合は + 演算子を使います。
ただし、str型どうしでないと連結できません。

例えば、文字列と数値(int型、float型)の結合はできません。
「私は、」という文字列と、「20」というint型を + で結合しようとしてもエラーになります。

動画では、文字列と数値を結合する方法について解説しています。

解決方法は型変換を行う方法と、フォーマット関数を使うことです。

参考になった書籍

プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。

「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。

サンプルのダウンロード

ここでダウンロードする「python_str.ipynb」ファイルは、下記講座で共通で使用します。
また動画内では「文字列2.ipynb」で作成しているものと同じものです。

PYTHON入門 文字列の連結とフォーマット1(動画あり)
PYTHON入門 文字列のフォーマット2(動画あり)
PYTHON入門 エスケープと型変換とINPUT()の使い方(動画あり)

python_str.ipynb

Python入門一覧