lecture

PYTHON入門で気をつけるポイント(5)オブジェクト指向についてー(2)

コンストラクタ クラスをインスタンス化すると、空のオブジェクトを生成します。 通常オブジェクトを作成する際に、ある特定の初期状態になることが望ましいはずです。 Pythonでは、 __init__() という名前の特別なメソッド定義することができます。 他のプログラムの場合、このような働きのメソッド  >>続きを読む

Python イテレータについて

イテレータの仕組みについて次のポイントが分かれば理解できます。 iter()関数でリストをイテレータ化します。 next関数でイテレータから要素を取り出します。 イテレータで取り出す値がない場合には例外を発生します。 イテレータは特に意識しなくてもfor in文などで活用されたいます。次の例で確認で  >>続きを読む

Python入門で気をつけるポイント(4)オブジェクト指向についてー(1)

Pythonの全てのデータ型は元々はオブジェクトです。 Pythonのオブジェクト指向はクラスを使った仕組みです。つまり、全てのデータ型はクラスで定義しているということになります。 例えば、リストには様々な便利なメソッドが用意されています。これはlistクラスにそれらのメソッドが定義されています。   >>続きを読む

Python入門で気をつけるポイント(3)モジュールについて

モジュール Pythonインタープリンタは一度終了すると、終了するまでの関数や変数は全て失われます。 そのため長いプログラムはテキストエディタで作成して「.py」ファイルにしておくと良いです。 Pythonではこのファイル(.py)のことをモジュールと呼んでいます。 Pythonの対話モードはmai  >>続きを読む

Python入門で気をつけるポイント(2)リスト

リストで使えるメソッド メソッド 使い方 append(x) リストの末尾に要素を一つ追加します。 extend(iterable) イテラブルのすべての要素を対象のリストに追加し、リストを拡張します。 insert(i, x) 指定した位置に要素を挿入します。第 1 引数は、リストのインデクスで、  >>続きを読む

Pythonの関数についてもう少し詳しくなる

フィボナッチ級数を任意の数値まで書き出す関数を定義することで関数の基本を勉強します。 ネタ元はO’REILLYのPythonチュートリアル 第3版です。 作者はGuido van Rossum氏でPythonの生みの親です。また本の題名にあるチュートリアルはPythonの公式チュートリア  >>続きを読む

Python リストの内包表記について

内包表記を覚えるとfor in 文を使った処理を簡単に書き換えることができます。 リストの内包表記 [expression for item in iterable] 例えば、空のリストに1から5までの整数のリストを作成するとします。 for in文を使うと次のようになります。 number_lis  >>続きを読む

スプレッドシート(エクセルなど)で統計分析(4) 重回帰分析の方法

線形回帰モデル (Linear Regression) とは、回帰式を用いて、説明変数の値から目的変数の値を予測するモデルです。 説明変数が2変数以上の場合「重回帰分析」と呼ばれます。 重回帰分析を行う上でのポイントは「要因分析」と「予測分析」です。単回帰分析では説明変数が1つだけですから、単純に予  >>続きを読む