解 説

GoogleのColaboratoryは機械学習など学習する上で大変便利なクラウドで実行される「Jupyterノートブック」環境です。
ただ使い慣れてくるとcsvファイルなどをいちいちアップロードするのが面倒臭く感じてきます。

そんな時、Googleドライブのデータがそのまま活用できると嬉しいです。
実はその方法は簡単で、Googleドライブをマウントすることで可能になります。

一般的なGoogleドライブのマウント方法

まず必要なパッケージをインストールします。Colaboratoryにコマンドでインストールするにはコード欄に「!」から初めてコマンドを入力します。

認証の実行

  • 入力ボックスが出たら出てきているリンク文字をクリックします。
  • 認証を行います。
  • 注意書きが出ますが「許可」をクリック

  • 出てきたトークンをコピーして先ほどの入力ボックスにペーストします。

もう一度上と同様のことを行います。

マウントするディレクトリを作成してマウントします。

簡易的なGoogleドライブのマウント方法

Colaboratoryに以下のコードを記述して実行するだけです。
上に書いた方法でマウントを行っても、一度接続が切れると再度マウントしなければなりません。
下記の方法を使うと簡単にマウントできます。

簡単にマウントするためのコード

  • コードを実行すると1行入力ボックスが表示されます。
  • 入力ボックスの上にリンク先のアドレスが青文字で書かれていますので、その部分をクリックすると認証画面に入ります。
  • Googleドライブの認証アカウントとパスワードで認証を済ませると、トークンが表示されますのでそれをコピーして先ほどの入力ボックスにペーストします。
  • これでマウントが行われて「drive」ディレクトリが表示されるようになります。
  • 「content/drive/My Drive」というパスの中にデータがあります。

こちらの方法をマウント用としてColaboratoryファイルとして保存しておけば、マウントするときにこちらを実行するだけで済みます。

csvファイルのパスを指定するときはColaboratoryのサイドメニューからファイルでマウントしたファイルを選択するとパスのコピーを選択できます。このパスはルートからのパスになりますので、先頭に/をつけてパス指定します。