解 説

2019年07月6日追記
ColaboratoryとGoogle ドライブをマウントについては、標準でその機能がつきました。
やっていることは下記同様のこととなりますが、より直感的にマウントできるようになっています。

GoogleのColaboratoryは機械学習など学習する上で大変便利なクラウドで実行される「Jupyterノートブック」環境です。
ただ使い慣れてくるとcsvファイルなどをいちいちアップロードするのが面倒臭く感じてきます。

そんな時、Googleドライブのデータがそのまま活用できると嬉しいです。
実はその方法は簡単で、Googleドライブをマウントすることで可能になります。

簡易的なGoogleドライブのマウント方法

Colaboratoryに以下のコードを記述して実行するだけです。

簡単にマウントするためのコード

from google.colab import drive
drive.mount('/content/drive')

  • 入力ボックスが出たら出てきているリンク文字をクリックします。
  • 認証を行います。
  • 注意書きが出ますが「許可」をクリック

  • 出てきたトークンをコピーして先ほどの入力ボックスにペーストします。
  • これでマウントが行われて「drive」ディレクトリが表示されるようになります。
  • 「content/drive/My Drive」というパスの中にデータがあります。

こちらの方法をマウント用としてColaboratoryファイルとして保存しておけば、マウントするときにこちらを実行するだけで済みます。

csvファイルのパスを指定するときはColaboratoryのサイドメニューからファイルでマウントしたファイルを選択するとパスのコピーを選択できます。このパスはルートからのパスになりますので、先頭に/をつけてパス指定します。