AI

統計の基礎〜クロス集計2 活用方法 

クロス集計を行って、その内容を確認します。 次の例ではA商品とB商品の評価をクロス集計したものです。 原因と結果に何らかの関係が認められる場合、因果関係があるといいます。 因果関係にあるようなクロス集計表は原因になるもの  >>続きを読む

統計の基礎〜クロス集計1 Googleスプレッドシートでピボットテーブル作成

クロス集計とは クロス集計は2つの質的変数の組み合わせで集計して、この2つの変数の関連性を確認するために活用されるものです。 クロス集計表は行と列それぞれの変数の項目を設定して、その組み合わせに対応した度数を集計すること  >>続きを読む

DialogflowのIntentとAgentのインポートとエクスポート

Intentはユーザーとの会話を作成するものです。 Intentのデータを過去に作成したAgentのものを流用したいときなど、importとexportをすれば可能です。 Intentのimport と export I  >>続きを読む

統計の基礎〜偏差、平均偏差、標準偏差、分散、標準化、偏差値について

データのバラツキで出てくる言葉で、「偏差」、「平均偏差」「標準偏差」、「分散」とは何を行っているのか復習です。 データのバラツキを見るときにまず基準になるのは、平均です。 平均との関係を視点にして見ていくとわかりやすいと  >>続きを読む

スプレッドシート(エクセルなど)とPythonで統計分析(3) scikit-learn で単回帰分析の方法

今回はscikit-learn で単回帰分析する方法について解説します。 分析対象は「スプレッドシート(エクセル)とPythonで統計分析(2) 単回帰分析の方法」で行った「1日の最高気温とアイスクリームの販売個数」のデ  >>続きを読む

最小二乗法で傾きを求める方法を数学的に理解しよう

回帰直線の傾きは公式で簡単に求められますが、数学的な意味を理解しておくとなぜそうなるかがわかります。今回は数学的な意味を見ていきます。 問題設定:最高気温とアイスクリーム販売数のデータを用いて、今日の気温予報からアイスク  >>続きを読む

スプレッドシート(エクセル)とPythonで統計分析(2) 単回帰分析の方法

単回帰分析 単回帰分析とは、以下のような回帰式を用いて、1つの説明変数の値から目的変数の値を予測するモデルです。 単回帰分析の公式 $$ y = ax + b $$ データの準備 用意したデータはある店舗における1日の最  >>続きを読む

pandasで同じ値の個数を調べる方法

pandasで1次元の配列状態のデータを処理するにはSeriesを使います。下の例では配列を作成して、pandasのseriesにしています。 次に条件として値が2のデータのみを抽出してその総個数を求めています。 複数の  >>続きを読む

ColaboratoryとGoogle ドライブをマウントする方法

GoogleのColaboratoryは機械学習など学習する上で大変便利なクラウドで実行される「Jupyterノートブック」環境です。 ただ使い慣れてくるとcsvファイルなどをいちいちアップロードするのが面倒臭く感じて  >>続きを読む

スプレッドシート(エクセルなど)とPythonで統計分析(1) 相関係数の求め方

Pythonで統計分析の勉強をするには、一度スプレッドシート (エクセルなど)で試してみると理解が早いと思います。 今回は無料で使えるGoogleスプレッドシートで説明します。 相関分析 データの準備 用意したデータはあ  >>続きを読む

スクレイピングで同じclass名の要素を複数取得する方法

次のコードはseleniumを使ったスクレイピングでclass名「item」の要素からデータを取得するためのものです。class名「item」は複数存在して複数のデータを取得するつもりのものです。 elemには複数のデー  >>続きを読む

Colaboratoryでスクレイピングする方法

seleniumの導入方法 seleniumの導入はまずインストールする必要があります。ColaboratoryのJupyter Notebookdでpipを使ってインストールする場合は下記のようにします。「!」を付ける  >>続きを読む

AI入門〜Google Colaboratoryの使い方

Google Colaboratoryとは Colaboratoryとはgoogleが提供する教育や研究機関へ機械学習の普及を目的としたGoogleの研究プロジェクトの一つでです。 Colaboratory へようこそペ  >>続きを読む