AI

AI

3_活性化関数 [ゼロから始めるDeepLearningを読む]プラス

活性化関数について パーセプトロンでは、入力値をウエイトで掛けた総和を0か1の値にして出力します。この、出力信号を変換する関数のことを活性化関数と言います。 けれども、現実問題ではこれだけでは複雑な処理ができません。 そこで、複雑な問...
AI

2_パーセプトロンからニューラルネットワークへ [ゼロから始めるDeepLearningを読む]プラス

そもそもニューラルネットワークで何ができるのか、もう一度確認しておきます。 ニューラルネットワークを使って、教師あり学習や、教師なし学習、あるいは強化学習を行うことができます。 けれども、ニューラルネットワークの仕組みを学習すると、「こ...
AI

Word2vecをMacで試す〜日本語Wikipediaコーパス活用

日本語のWikipediaの公開データからコーパスを作成する方法はネットでたくさん出回っています。 今回はQiitaの「日本語版WikipediaのデータからWord2Vec用データをつくる(Mac対応)」記事を参考に試す方法です。 大...
AI

決定木の分類結果を可視化する際の書き方が変更(Colabも変更になってます)

決定木の特徴は分類した根拠を説明しやすいことです。 分類の過程をツリー状の図にして書き出すことができます。 その際に次のようにStringIOをimportしていました。 これが次のように変更になっています。最近Colab...
AI

M1チップ搭載MacBook Air Python機械学習系ライブラリインストール結果

M1チップ搭載のMacには機械学習系のライブラリがpipでインストールできない問題があります。 使用したPythonのバージョン:3.8.2(Macにインストールされている3系のバージョン) Anacondaは未導入 HomeBr...
AI

探索的データ解析するときにpandas_profilingを使ってみよう

探索的データ解析をする場合にまずpandas_profilingを使ってみましょう。 きっとあなたを幸せにしてくれると思います。 pandas_profiling Colabで使い方 Colabにはすでにインストールされてい...
AI

Could not find the DLL(s) ‘msvcp140_1.dll’.エラー対策

今日WindowsでFlaskの授業行っていたら次のエラーが出た。 downloading "Microsoft C++などと出てたので、C++の何かが無いと騒いでいるのだなと気づいた。 面倒なので無駄な抵抗をせずにMacで...
AI

ロジスティック回帰〜オッズとロジット関数そしてロジスティック関数について

ロジスティック回帰とは ロジスティック回帰とはいくつかの説明変数から確率を計算して予測するモデルのことです。 従って、回帰という名前になっていますが、実際には分類問題に使われます。 もう少し噛み砕くと、回帰分析と同様の手法を用いながら...
AI

Pandas 活用 ビン分割するcut関数とqcut関数(動画あり)

Pandas でビン分割する関数として、cut関数とqcut関数があります。 今回はこの2つの使い分けについて説明します。 ビン分割とは離散的な範囲を作り分析するためのものですが、ヒストグラムの階級にあたるものです。 ヒス...
AI

OpenCV 様々なフィルタについて

OpenCVのフィルタ OpenCVでフィルタを使うには、自分でカーネルを作成して畳み込み演算で作成する方法以外に、OpenCVで準備しているフィルタがあります。 ここでは便利なフィルタの紹介をします。 Sobelフィルタ So...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました