JavaScript

JavaScript,PHP,Pythonの型についてまとめ

JavaScriptの型 プリミティブデータ型 真偽値 (boolean) null値 (Null) 未定義 (Undefined) 数値 (Number) 文字列 (String) シンボル (Symbol (ECMA  >>続きを読む

ajaxやfetch、axiosをPOSTでAPI接続する方法〜リクルート A3RTのTalk APIを取得例

ajaxやfetch、axiosなどでAPI接続するための方法をリクルートのA3RTで試しました。 getなら比較的簡単に取得できますが、post指定の場合はちょっと難易度が上がります。参考にしてください。 今回はリクル  >>続きを読む

スプレッド演算子〜モダンなJavaScript

スプレッド演算子は…(ピリオド3つ) で記述します。スプレッド演算子を使った構文では配列では0 個以上の要素として展開され、Objectの場合に0 個以上の keyとvalueでオブジェクトを展開します。 ス  >>続きを読む

Vue.jsの基本(6)親コンポーネントから子コンポーネントへデータを渡す方法

コンポーネントのデータのやりとりについて コンポーネントを作成するときにコンポーネント間のデータをやりとりする方法は重要な概念となります。 この仕組みをいい加減にすると混乱の原因となります。そのため、Vue.jsでは親コ  >>続きを読む

Vue.jsの基本(5)コンポーネント作成

Vue.jsはコンポーネントを作成するのに都合の良いライブラリです。 再利用可能なコンポーネントを作成することは作業の効率化に貢献します。そして何よりもVue.jsの使いやすさが魅力です。複雑な環境設定も必要なく、学習し  >>続きを読む

Vue.jsの基本(4)監視プロパティについて

Vue.jsでは特定のデータやcomputedの状態を監視して、変化があるとその処理を実行する機能があります。このことを監視プロパティは行います。監視プロパティは別にウオッチャーと呼ばれています。 監視プロパティの記述は  >>続きを読む

Vue.jsの基本(3)computedとmethodsの違い

computedは日本語では算出プロパティと呼ばれています。 computedはdataプロパティに対して何らかの処理を行いたい場合に使用します。 computedの記述方法としては何らか処理をしたデータを返す関数として  >>続きを読む

Vue.jsの基本(2)dataプロパティについて

Vue.jsの最大の特徴はリアクティブシステムであることです。 そして、もっとも重要なことはデータをリアクティブデータにすることで、あるデータを新たに加えたり、変更したり、削除すると即座にそのデータの表示を変更することが  >>続きを読む

色々なWindow Object 〜モダンなJavaScript

高さと幅の取得 知っておくと便利に使えるWindow Objectのまとめです。 ブラウザウィンドウの外側の高さと幅 「window.outerHeight」 はブラウザウィンドウの外側の高さを取得します。外側とはツール  >>続きを読む

DOM操作まとめ〜JavaScript

JavaScriptでDOM操作を行うまとめです。 JavaScriptの「Documentインターフェイス」はJavaScriptが記述、または読み込まれたHTMLのノード情報を保有しています。そのため、console  >>続きを読む

ES6で classを使う方法

JavaScriptにはclassの概念がありませんでした。オブジェクト指向はprototypeを使ってそれらしいことを行なっているのですが、他言語をマスターした人にとっては奇々怪界なものです。 しかしながらES6ではc  >>続きを読む

変数の宣言 letとconstの使い方〜モダンなJavaScript

変数宣言のキーワード モダンなJavaScriptでは変数宣言する場合、「var」,「let」,「const」を使えるようになりました。 旧来よりJavaScriptで変数を宣言する場合は、「var」キーワードが使われて  >>続きを読む

自作関数について〜モダンなJavaScript

FUNCTION関数 JavaScriptの自作関数はfunction statementで定義します。 functionキーワードと、関数の名前、引数は丸括弧でくくり、カンマで区切ります。そして命令文は波括弧 { }   >>続きを読む

ループ文〜モダンなJavaScript

ループ文は繰り返し何かを実行するために必須のアルゴリズムです。JavaScriptで利用可能なループ処理を学習します。 for文 for文によるループは、指定された条件が「false」と評価されるまで繰り返されます。 基  >>続きを読む

Dateオブジェクトの使い方〜モダンなJavaScript

Dateオブジェクトについて JavaScript には日付のためのデータ型がありません。そのため、日付を取り扱うためのには、「Date オブジェクト」を使います。 「Date オブジェクト」は日付の設定、取得、操作を行  >>続きを読む

オブジェクトリテラルの使い方〜モダンなJavaScript

オブジェクトリテラルの使い方 オブジェクトリテラルの作成 オブジェクトリテラルを作成するには{}で囲みます。値の記述方法は配列に似ていますが、インデックス番号の代わりにプロパティ名を明示する必要があります。他のプログラミ  >>続きを読む

配列の色々な操作〜モダンなJavaScript

JavaScriptの配列の作りかたには[]ブラケットを使う方法と、newArray()を使う方法があります。 値は、数値でも文字列でもオブジェクトでも好きに入れることができます。 [crayon-5c15a8d7685  >>続きを読む

consoleの使い方〜モダンなJavaScript

「Console」オブジェクトについて JavaScriptで開発を行う際に「console.log()」は非常によく使われるし便利なものです。 そもそも、「Console」オブジェクトは、ブラウザのデバッグコンソールへ  >>続きを読む

JavaScriptのPromiseについて

Promiseとは Promiseは非同期処理が完了した時に次の処理を約束したり、または失敗を表現するクラスです。 JavaScriptで非同期処理を行うには通常はコールバック関数を利用します。けれども、これはコールバッ  >>続きを読む

非同期処理とコールバック関数

JavaScriptは基本的にシングルスレッドで動いています。 これはつまり、JavaScriptは並行処理はできないということです。 同期であろうと非同期であろうと2つ以上の処理を同時に行なうことはできません。 Jav  >>続きを読む

Vue.jsの基本(1)

Vue.jsについて Vue.jsはビュージェイエスと読みます。Vue.jsはViewに特化したライブラリです。今回はVue.jsを活用するための基本を学習します。 Vue.jsはおそらくAngularやRactよりも  >>続きを読む

React入門(4)classコンポーネントの作成

Reactコンポーネントの作成には、関数型とclassを使う方法の2つがあります。 関数型コンポーネントについてはReact入門(3)関数型コンポーネントの作成を参考にしてください。 ここではclass型コンポーネントに  >>続きを読む

React入門(3)関数型コンポーネントの作成

このページの詳細なサンプルは「GitHubの React_sample1 funcブランチ」にあります。 コンポーネント Reactの思想としてUIの基本単位をコンポーネントと考えています。コンポーネントは部品と考えるこ  >>続きを読む

React入門(2)render関数の使い方〜Hello worldの作成

このページで使用するサンプルの詳細はGitHubにあります。 Reactの環境設定方法は React入門(1)環境設定 を参照ください。 Reactの開発環境を構築すると、開発用のサーバーが使えるようになっています。   >>続きを読む

React入門(1)環境設定

Reactとは ReactはFacebook社が開発したJavaScriptライブラリです。フレームワークとされる場合がありますが、正式にはライブラリです。 Reactは特にJavaScriptを多用したWebサービスに  >>続きを読む

TypeScript入門(1)

TypeScriptはJavaScriptの問題点をカバーするためにマイクロソフト社により開発されたJavaScriptの代替言語です。 TypeScriptはコンパイルすることでJavaScriptに変換することができ  >>続きを読む

Node.js入門(4)コマンドライン引数について

Node.js ではコマンドライン引数は process.argv で受け取ることができます。 process.argv はコマンドで指定した引数を配列として格納されます。 process.argv 0: /Users/  >>続きを読む

Node.js入門(3)Node.jsでES2015(ES6) 入門

ECMAScriptはEcma Internationalによって標準化された仕様です。ECMAScript6は2015年に採用されたため、ES2015やES6などと省略されて呼ばれています。ここではES6で特筆すべき  >>続きを読む

AngularJS入門(2)〜AngularJSで送信フォームの作成でモジュールの活用

前回のAngularJS入門(1)ではviewのみでできることでした。けれどもそれだけでは不足する機能があります。 例えばセレクトボックスのoption部分をスクリプトで作成すると汎用性が上がってくるかもしれません。基本  >>続きを読む

値渡しと参照渡しについて

変数に値を代入する場合にその値のデータ型の種類によって「値渡し」と「参照渡し」があり、その扱われ方が変わってきます。 そして、この考え方は多くのプログラミング言語で使われるものです。このことを知っておかないと思わぬ結果に  >>続きを読む