JavaScript

Vue.jsの基本(2)dataプロパティについて

Vue.jsの基本(1)Vue.jsの基本的な使い方 Vue.jsの基本(2)dataプロパティについて Vue.jsの基本(3)computedとmethodsの違い Vue.jsの基本(4)監視プロパティについて Vue.jsの基本(5)コンポーネント作成 Vue.jsの基本(6)親コンポーネン  >>続きを読む

色々なWindow Object 〜モダンなJavaScript

高さと幅の取得 知っておくと便利に使えるWindow Objectのまとめです。 ブラウザウィンドウの外側の高さと幅 「window.outerHeight」 はブラウザウィンドウの外側の高さを取得します。外側とはツールバー、ウィンドウ chrome を含む、ブラウザウィンドウ全体の高さのことです。  >>続きを読む

DOM操作まとめ〜JavaScript

JavaScriptでDOM操作を行うまとめです。 JavaScriptの「Documentインターフェイス」はJavaScriptが記述、または読み込まれたHTMLのノード情報を保有しています。そのため、console.log(document)でDOM情報を見ることができます。 console.  >>続きを読む

ES6で classを使う方法

JavaScriptにはclassの概念がありませんでした。オブジェクト指向はprototypeを使ってそれらしいことを行なっているのですが、他言語をマスターした人にとっては奇々怪界なものです。 しかしながらES6ではclassの仕組みが用意されました。とはいえ根本的に他の言語のようなclassの仕  >>続きを読む

変数の宣言 letとconstの使い方〜モダンなJavaScript

変数宣言のキーワード モダンなJavaScriptでは変数宣言する場合、「var」,「let」,「const」を使えるようになりました。 旧来よりJavaScriptで変数を宣言する場合は、「var」キーワードが使われてきました。そしてES6から「let」,「const」が使えるようになりました。モ  >>続きを読む

自作関数について〜モダンなJavaScript

FUNCTION関数 JavaScriptの自作関数はfunction statementで定義します。 functionキーワードと、関数の名前、引数は丸括弧でくくり、カンマで区切ります。そして命令文は波括弧 { } でくくります。 デフォルト引数を指定したい場合は次のようにif文を使用して記述し  >>続きを読む

ループ文〜モダンなJavaScript

ループ文は繰り返し何かを実行するために必須のアルゴリズムです。JavaScriptで利用可能なループ処理を学習します。 for文 for文によるループは、指定された条件が「false」と評価されるまで繰り返されます。 基本的なfor文 for(let i = 0; i < 10; i++){ con  >>続きを読む

Dateオブジェクトの使い方〜モダンなJavaScript

Dateオブジェクトについて JavaScript には日付のためのデータ型がありません。そのため、日付を取り扱うためのには、「Date オブジェクト」を使います。 「Date オブジェクト」は日付の設定、取得、操作を行うメソッドがありますので、その使い方を覚えましょう。 Date オブジェクト生成  >>続きを読む

オブジェクトリテラルの使い方〜モダンなJavaScript

オブジェクトリテラルの使い方 オブジェクトリテラルの作成 オブジェクトリテラルを作成するには{}で囲みます。値の記述方法は配列に似ていますが、インデックス番号の代わりにプロパティ名を明示する必要があります。他のプログラミング言語では連想配列と呼ばれる方法です。 オブジェクトリテラルのプロパティ名を&  >>続きを読む

配列の色々な操作〜モダンなJavaScript

JavaScriptの配列の作りかたには[]ブラケットを使う方法と、newArray()を使う方法があります。 値は、数値でも文字列でもオブジェクトでも好きに入れることができます。 const numbers = [73,16,32,41,43,22,3]; const numbers2 = new  >>続きを読む