JavaScript

Node.js入門(3)Node.jsでES2015(ES6) 入門

ECMAScriptはEcma Internationalによって標準化された仕様です。ECMAScript6は2015年に採用されたため、ES2015やES6などと省略されて呼ばれています。ここではES6で特筆すべき機能を紹介します。 Node.jsではES6の仕様がサポートされていますので、積  >>続きを読む

AngularJS入門(2)〜AngularJSで送信フォームの作成でモジュールの活用

前回のAngularJS入門(1)ではviewのみでできることでした。けれどもそれだけでは不足する機能があります。 例えばセレクトボックスのoption部分をスクリプトで作成すると汎用性が上がってくるかもしれません。基本的にはスクリプト部分はviewで記述しないのがMVCの考え方です。 今回はコント  >>続きを読む

値渡しと参照渡しについて

変数に値を代入する場合にその値のデータ型の種類によって「値渡し」と「参照渡し」があり、その扱われ方が変わってきます。 そして、この考え方は多くのプログラミング言語で使われるものです。このことを知っておかないと思わぬ結果に遭遇したりします。 今回は「値渡し」と「参照渡し」の考え方を学習します。 値渡し  >>続きを読む

レスポンシブサイトの切り替えポイント〜javaScript

レスポンシブサイトを作成するときに、javascriptで切り替えポイントを認識させる方法の説明です。 javascriptですからjQueryでも使用できます。 CSSメディアクエリによる切り替え まずは、CSSでのメディアクエリを利用した切り替えポイントの例です。 501px以上ではdiv.ba  >>続きを読む

正規表現の使い方の練習〜JavaScript編

正規表現でreplaceする replace関数を使って正規表現の使い方を覚えるために簡単なスクリプトを書きました。 replace(検索文字列 , 置換文字列 )を使用して文字を置換します。 プルダウンメニューで選んだ内容が第1引数の検索文字列に入り、第2引数の置換文字列には「Opera」が設定さ  >>続きを読む

JavaScript基礎4

関数について 一度定義すると何度も呼び出しが行えて、なんらかの処理をしたり、その結果を返す仕組みを関数といいます。関数にはfunction命令で定義するものと関数リテラルで定義する方法があります。さらにコンストラクタという特殊な関数もあります。コンストラクタはオブジェクト指向のところで詳しく学習して  >>続きを読む

JavaScript基礎3

ループ制御 繰り返し処理も非常によく利用される処理です。JavaScriptの繰り返し処理にはfor文、for…in文、while文、do…while文があります。 while文とdo…while文 これらのループ文での注意事項は終了条件を記述しないと無限ループに  >>続きを読む

JavaScript基礎2

制御命令 プログラミングでは処理を分岐していく必要がでてきます。その分岐方法としてif文とswitch文があります。 if命令文 「もし~ならば、・・・命令を実行する。そうでなければ、・・・・命令を実行する」そんな分岐方法がif文です。与えられた条件式がtrueまたはfalseいずれかでそれぞれの命  >>続きを読む

JavaScript基礎1

変数について 変数の宣言方法 var 変数名 var 変数名 = 初期値 例 /*変数宣言後に初期値を設定*/ var num1; num1 = 987654; /*複数の変数宣言*/ var num2,num3,num4; /*変数宣言時に初期値を設定*/ var num5 = 123456; 変  >>続きを読む