DialogflowのIntentとAgentのインポートとエクスポート

DialogflowのIntentとAgentのインポートとエクスポート

Intentはユーザーとの会話を作成するものです。
Intentのデータを過去に作成したAgentのものを流用したいときなど、importとexportをすれば可能です。

Intentのimport と export

Intentのexport

IntentのexportはIntentメニューの最初の状態でIntent一覧を表示させてそれぞれ作成したIntentにマウスホバーすると雲のアイコンがあります。(下図赤枠内のアイコン)
雲のアイコンをクリックするとそのIntent のデータをjson形式でダウンロードすることができます。

Intentの import

ダウンロードしたjson形式のIntentデータをimportするには、Intentを新規作成するCREATEボタンの横の団子アイコンをクリックすると「Upload Intent」メニューがありますので、ここを使ってアップロードします。

folow-up Intentのimport

folow-up Intentも上と同様にしてダウンロードすることができます。

けれどもimportは上同様のやり方では失敗してしまいます。
今の所、folow-up Intentの場合はダウンロードはできてもアップロードはできない困った仕様のようです。
対策としてAgent自体をダウンロードしてその中にfolow-up Intentのjsonファイルを含めて再アップロードすることで解決するようです。

Agentのexportとimport

AgentのexportとimportはAgentメニューの歯車をクリックして出てくるメニューを使います。

exportはこのボタンをクリックするだけでデータをzip形式にしてダウンロードしてくれます。

importは少しわかりにくいです。
IMPORT FROM ZIPボタンをクリックすることでimportします。
importするファイルはzip形式のファイルとします。

IMPORT FROM ZIPボタンをクリックすると出てくるBOX

このボックスにzipファイルを投げ込みます。
次に以下のような画面になります。

importを開始するには、青枠部分に「IMPORT」と入力します。

Agentからexportしたzipファイルの中身

exportしたzipファイルの中身はjsonファイルが集められています。

IntentフォルダにはIntentで作成したjsonファイルがあります。

もし追加したいIntentがあればここに追加します。
folow-up Intentも親が同じならここで追加して使うことは可能です。