lecture

MAMPで作成したWordPress環境をXドメインサーバーに移行

MAMPで構築したWordPressをそっくりそのまま外部サーバーに移管する方法の説明です。 今回は移管先をXドメインの無料サーバーとしました。WordPressを使用しますのでXドメインの無料サーバーのPHPサーバーを使用します。 Xドメインの無料サーバーの使い方はコチラのページを参考にしてくださ  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(9)カスタムフィールド

カスタムフィールドとは カスタムフィールドとは投稿一つ一つにつけることができる「名前」と「値」がセットになったフィールドのことです。 投稿の編集画面にカスタムフィールド入力項目が表示されています。 表示されてない場合はダッシュボードの表示オプションでカスタムフィールドを使用できるようにチェックします  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(6)front_pageの表示

Homeページを表示するにはfront_page.phpを使用します。 get_posts()関数を使用して新着情報を表示 get_posts()関数を使用して新着情報を表示するポイントです。 特定のカテゴリの投稿タイトルと日時のリンクを10件表示させる 投稿を読み込むにはget_posts()関数  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(8)WP_Queryについて

表示の主役はWP_Queryオブジェクト WP_QueryオブジェクトはURLを指定すると、そのページに必要なデータを自動的に取得して、グローバル変数 $wp_query に格納してくれます。 言い換えると、 URLから必要なデータのクエリを発行し、グローバル変数 $wp_query に格納した後、  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(7)カスタム投稿タイプ

カスタム投稿タイプとは WordPressでつくったコンテンツ(記事)はカテゴリー、日付、著者などで分類されます。 「投稿タイプ」というのは コンテンツのタイプを分類することです。 カスタム投稿タイプとはコンテンツのタイプを新たに作成したものをいいます。 カスタムタクソノミーとは、簡単にいってしまえ  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(5)アーカイブの作成

投稿一覧ページはarchive.phpで作成します。 アーカイブページのポイント single_cat_title()は現在のカテゴリー名を出力するテンプレートタグです。 グローバルナビにカテゴリ名を登録するとそのカテゴリ一覧となって表示されます。 the_except()はプラグイン「WP Mul  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(4)テンプレートに記事を表示

テンプレートpage.phpに固定ページの記事を表示させる方法を説明します。 page.phpは固定ページの表示を担当するテンプレートです。 固定記事の内容をpage.php表示できれば、single.phpで投稿ページの内容を表示する方法も同様にすればよいわけです。 WordPressの記事を表示  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(3)テンプレート階層

テンプレート階層とは? どのページでどのテンプレートファイルを使用するか、テンプレート階層というルールで決められています。 トップページfront-page.php 投稿記事ページsingle.php 固定ページpage.php アーカイブページarchive.php 必要なテンプレートファイルが  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(2)テンプレートファイルのパーツ化

テンプレートファイルの部品化 テンプレートファイルとは? テンプレートとは、ウェブ上で WordPressサイトをどのように表示させるかをコントロールするファイルです。 具体的に言うと例えばtwentyfourteenフォルダ内のpngファイルとcssファイル以外のもの全てのことです。 WordPr  >>続きを読む

WordPressテーマ〜(1)テーマ作成の準備

ここではWordPressのオリジナルテーマを作成の方法を解説します。 必要なファイル index.php  style.css (お決まりの呪文を入れる) 必須ではありませんが、ページのスクリーンショットを用意(screenshot.png) サイズ300×225ピクセル 以上のファイル  >>続きを読む