Illustratorの環境設定から「一般」の中に「角度の制限」は通常「0」になっています。
この値を変更するとテキストを挿入したりオブジェクトを作成した場合に指定した角度になります。

角度の制限を30度にした例

よっぽど特殊な作業以外は環境設定するまでもなく回転ツールなど使えば済む話ですが、共用パソコンの場合、このような特殊な用途の環境設定を使った場合は必ず元の値「0」に戻して置くようにしましょう。
あとで使う人が困りますのでね!

カテゴリー: IllustratorTips