解 説

クイック選択ツールなどを使用して選択範囲を指定するとオプションパネルに「境界線を調整」というメニューが表示されます。
これは優れものなのでしっかりマスターしておきましょう。
素材画像
bird07

加工後
bird06
きれいに選択をしたつもりでも境界線がなにか不自然だったり、人の髪の毛や動物の毛はきれいに選択できません。
そんな時に役に立つものです。

使い方
クイック選択ツールなどで大まかに選択を済ませておきます。
オプションパネルに「境界線を調整」というメニューがあります。
bird

まず調整するところは、「エッジの検出」の半径です。ここは境界線の微妙な羽毛など普通ではうまく選択できない部分を認識するための境界線の線の幅を指定するものです。この幅にあるものが細かく選択されます。最初は小さい半径で始めて少しずつ大きくしていくとよいです。
何度か繰り返して選択範囲がどのような結果になるか体感するのが一番です。
bird02

ただ、半径を指定しても直感的にどのくらいの線幅が指定されているのかわかりません。
そのときに確認するためのものが、「表示モード」の半径にチェックです。これにチェックを入れると境界線部分だけが抜けたように表示されます。
つまりどれくらいの境界線の幅になっているか確認ができるものです。
bird03

「表示モード」の表示は実際にいろいろ試してみると直感的にわかると思います。

「エッジの検出」の「スマート半径」はチェックを入れるとPhotoshopが自動で境界線の半径を場所ごとに調整するものです。これはPhotoshopまかせの微妙な動きになりますので、実際にチェックを入れたり外したりしながら様子をみて使用します。
bird05

選択範囲の幅を指定する方法で細かく自分で決める方法もあります。それは「エッジの検出」のスライダに頼らずにマウスで境界線部分をドラッグする方法です。境界線を調整パネルを表示した時点でマウスのポインタは丸の中に+が描かれた状態になります。これは選択範囲を検出するものです。
微妙な選択範囲をこするようにすると選択範囲が細かく設定されていきます。オプションパネルでブラシの太さを決められます。また選択範囲を広げすぎた場合はオプションパネルにある消しゴムを使用して消すこともできます。
スクリーンショット 2014-05-29 20.09.54

「エッジを調整」は直感的に使用してみて調整します。

「出力」の「不要なカラーを除去」は選択部分に薄い色が残るようならチェックを入れると解決されます。