jQuery

スマートフォンサイトのイベント〜jQuery

スマートフォンなどのモバイルサイトを作成するときには専用のイベントが必要になります。 今回はタップ、スワイプのイベントに対応する方法を解説します。 タップイベント タップとは、画面を指先で短く1回叩くことをさします。通常はPC用ページのクリックイベントでもタップに対応していますが、少し挙動がおかしか  >>続きを読む

animate()の使い方〜jQuery

animateの指定は2つの方法があります。 まず、一つ目の方法は入門書などで紹介されている記述方法で以下のものです。 animate(params, [duration], [easing], [callback]) sample1 html <button>click</but  >>続きを読む

data-**属性とdata()の使い方〜jQuery

data()を利用するとグローバル変数のようにデータを保存することができます。HTML5から利用できるdata-**属性はこのdata()とは別ものですが、data()で操作することも可能です。data-**属性をdata()で操作すると色々トラブルが起こることがあります。data-**属性とdat  >>続きを読む

jQueryのトラバースの使い方

jQueryメソッドを使用してDOMの中を移動して要素を取得する方法をトラバースといいます。トラバースでできることの多くは子孫セレクターを活用すれば可能です。トラバースを使用するとパフォーマンスが良くなるといわれることがありますが、状況によっては必ずしもそうではないようですし、子孫セレクターを使用し  >>続きを読む

スマートフォン用ドロワーメニューの作成方法〜レスポンシブ対応編

スマートフォン用のドロワーメニューの簡単な例は前回紹介しましたが、少し複雑な動きに対応させるには多少問題があります。 今回は起こり得る問題点と解決方法について考えてみます。サンプルとして前回使用したドロワーメニューを使用します。 スマートフォン用ドロワーメニュー学習用簡単版 ドロワーメニュー修正サン  >>続きを読む

レスポンシブサイトの切り替えポイント〜javaScript

レスポンシブサイトを作成するときに、javascriptで切り替えポイントを認識させる方法の説明です。 javascriptですからjQueryでも使用できます。 CSSメディアクエリによる切り替え まずは、CSSでのメディアクエリを利用した切り替えポイントの例です。 501px以上ではdiv.ba  >>続きを読む

正規表現の使い方の練習〜JavaScript編

正規表現でreplaceする replace関数を使って正規表現の使い方を覚えるために簡単なスクリプトを書きました。 replace(検索文字列 , 置換文字列 )を使用して文字を置換します。 プルダウンメニューで選んだ内容が第1引数の検索文字列に入り、第2引数の置換文字列には「Opera」が設定さ  >>続きを読む

jQuery Mobile1.4でスマホサイト作成2〜ボタンの作成

完成例サンプル リンクボタンの作成 リンクボタンの作成は簡単です。a要素にclass=”ui-btn”というクラスを指定するだけです。 リンクボタンの作成は旧バージョンから1.4になってから大きく変更されていますので注意してください。 data-属性からクラスでの指定に変更さ  >>続きを読む