解 説

Bootstrapでは12等分のカラムでグリッドを作成するGrid systemが用意されています。また、レスポンシブレイアウトにも柔軟に対応できる仕組みのため、複雑なレイアウトを簡単にコーディングすることができます。
Bootstrap4ではこのグリッドシステムの仕組みにFlexが採用されており、Bootstrap3と比較して変更が出ています。
Flexの仕組みを理解していればクラスの使い方も納得がいくものです。単純にクラスをコピペで使うのではなくCSSで何を行なっているのかしっかり理解しておくと良いでしょう。

Bootstrap3のグリッドシステムの使い方は「Bootstrapの使い方(2)〜グリッドシステム」を参考にしてください。

Bootstrap3では、カラムを作成する「.col-**-*」はCSSで「float: left」の指定とwidthでパーセンテージの幅設定で構成されていました。つまりfloatによるレイアウトでした。
簡単な例は次のようになります。これだけで2カラムのレイアウトができます。

Bootstrap4ではfloatのレイアウトに変わってFlexによるレイアウトが採用されています。
そのため、上記のような記述では横並びになってくれません。

Bootstrap3からBootstrap4で変更されたグリッドシステム関連のCSS

それぞれのバージョンのCSSの確認をしたら次の通りです。

Bootstrap3の「col-sm-6」のCSS概要(実際はもっと詳細な記述ですが、わかりやすいように一部変更と省略をしています)

floatの指定とwidthの指定はフロートの基本的な記述です。

Bootstrap4の「col-sm-6」のCSS概要(実際はもっと詳細な記述ですが、わかりやすいように一部変更と省略をしています)

こちらはflexプロパティを使って幅のサイズを決めています。
ポイントはこのクラス「col-sm-6」にはflexアイテムの設定があるだけで、これだけではFlexBoxの仕組みは機能しません。
親要素に当たるflexコンテナにdisplay:flexの設定が必須になります。
flexコンテナに指定するdisplay:flexの設定がなければそもそもFlexBoxの機能は使えません。
Bootstrap4では必ずflexコンテナとflexアイテムの関係をしっかりと考慮しておく必要があります。
Bootstrap4で正しく横並びのカラムを作成する場合はグリッド用のクラス名「col-sm-6」などを使用するだけではなく、その親要素に「d-flex」クラスをつけておく必要があります。

.d-flexのCSS内容

または、いわゆる行を表すクラスでBootstrap3から存在した「row」クラスを使用することでも解決できます。
Bootstrap3の「row」クラスは次のような内容で、左右の余白をとるだけのデザイン的な意味合いのあるものでした。

けれどもBootstrap4では次のようになっています。つまり「.row」がflexコンテナになり、その中のカラムがflexアイテムになるという構造です。構造から見てもBootstrap4では必ず「.row」を使用するようにしておいた方が良いでしょう。

Bootstrap4グリッドシステムの使い方

Bootstrap4グリッドシステム早見表
Extra small
<576px
Small
≥576px
Medium
≥768px
Large
≥992px
Extra large
≥1200px
containerの最大幅 None (auto) 540px 720px 960px 1140px
Class prefix .col- .col-sm- .col-md- .col-lg- .col-xl-
合計カラム 12
ガーター幅 30px (左右15px)
入れ子状態 可能
カラムの順番 可能