IT工房 ブログ

Python 入門 タプルについて(動画あり)

タプルについて タプルはリストとほとんど同じです。唯一の違いはイミュータブルなところです。 リストはミュータブルで要素の変更が可能ですが、タプルは要素を追加、削除、変更することができません。 ある意味定数リストと考えることができます。 タプルの作り方 リストは要素を[]で括りましたが、タプルは要素を()で括ります。 また、この()を省略してもタプルを作成することができます。 ただし、要素が1つのときは、要素の後にカンマ「,」を付けておく必要があります。 従って次の記述は実はタプルをアンパックしていることになります。 参考になった書籍 プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。 「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。 サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「tuple1.ipynb」ファイルは、この動画で使用したものです。 tuple1.ipynb Python入門一覧

Python入門 リストのメソッド(動画あり)

リストのメソッドの使い方 Pythonが用意する型には便利なメソッドが用意されている場合があります。 今回はリスト型に用意されたメソッドの主なものを紹介しています。 リストオブジェクトのメソッドの詳細はドキュメントにあります。こちらもぜひチェックしておいてください。 リストに新しい要素を追加 既存のリストに新しい要素を追加するときにJavaScriptのようにまだ無いインデックスを指定して要素を代入できません。 リストに要素を追加するにはappend()を使います。 また、insert()を使うと指定した場所に要素を追加できます。 list.append(x) リストの末尾に要素を一つ追加します。a[len(a):] = [x] と等価です。 list.insert(i, x) 指定した位置に要素を挿入します。第 1 引数は、リストのインデクスで、そのインデクスを持つ要素の直前に挿入が行われます。従って、 a.insert(0, x) はリストの先頭に挿入を行います。また a.insert(len(a), x) は a.append(x) と等価です。 指定した要素の数をカウントするにはcount()を使用します。 extend()は指定したリストを連結します。 list.extend(iterable) イテラブルのすべての要素を対象のリストに追加し、リストを拡張します。a[le  >>続きを読む

Python入門 リストのスライス(動画あり)

リストのスライス リストはスライシングが使えます。 スライスを用いるとリストから複数の値を取得できます。スライスの使い方はインデックスと同様に、[ ]の中に2つの整数をコロンで区切って記述します。 スライスの指定(重要) スライスは2つの整数をコロンで区切って使用します。 spam[1:5] 最初の整数は開始インデックスです。 第2の整数は終了を表しますが、インデックス番号は一つ前のインデックスを指します。 スライスはインデックスの境界に番号を振るとわかり安いです。 参考になった書籍 プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。 「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。 サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「python_list2.ipynb」ファイルは、この動画で使用したものです。 python_list2.ipynb Python入門一覧

Web作成講座 FlexBoxレイアウトの動画

FlexBoxレイアウトの動画を下記ページに追加しました。 FlexBoxレイアウトはCSS3から採用された新しいレイアウト方法です。 この新しいレイアウトの基本的な使い方の解説です。 動画は過去の記事に追加しています。 Flex Boxレイアウト関連記事 FlexBoxの使い方(1)〜display:flexについて(動画あり) FlexBoxの使い方(2)〜floatレイアウトとの違い FlexBoxの使い方(3)〜flexアイテムの順番を入れ替え(動画あり) FlexBoxの使い方(4)〜display:inline-flexについて(動画あり) FlexBoxの使い方(5)〜flexプロパティについて(動画あり) FlexBoxの使い方(6)〜flexプロパティの練習 FlexBoxの使い方(7)〜 flex-wrapについて(動画あり) FlexBoxプロパティ〜まとめ(動画あり) display:flexの基本的な使い方〜脱フロートレイアウト flex レイアウト詳説〜Flex Box Layout Web入門一覧

Python入門 リスト(動画あり)

リストは複数の値を順番に並べた値です。リスト値はリストそのものを指し、リストの中に含まれる値のことではありません。 リストの作り方 リスト値は次のような記述をします。 リストはブラケットで囲みます。 そして、リストの中の値のことを「要素」と言います。そして要素はカンマで区切ります。 リストの取り出し方 リスト名に続く角かっこ(ブラケット)内の整数をインデックスといい、先頭を「0」、2番目を「1」として1ずつ整数単位で増えていきます。 インデックス番号はリストの要素の順番を表しています。 インデックスの番号には負の整数値を使うことができます。-1は末尾のインデックスです。 -2は末尾から2番目の要素を表します。 リストはミュータブル リストはミュータブルで変更可能な性質を持っています。 そのため、インデックスで指定した要素の値を変更することができます。 テキストもリストに似ていますが、イミュータブルで変更不可能です。 参考になった書籍 プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。 「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上  >>続きを読む

Web作成講座 floatレイアウト1(動画あり)

フロートの挙動のサンプル1 フロートの挙動のサンプル2 フロートの挙動のサンプル3 FLOATの仕組みとOVERFLOWでFLOAT解除できる理由 サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「float1.zip」ファイルは、次の動画で使用したものです。 Web作成講座 floatレイアウト1 Web作成講座 floatレイアウト2 (コード解説 動画) ファイルのダウンロード float1.zip Web入門一覧

Web作成講座 floatレイアウト2 (コード解説 動画)

サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「float1.zip」ファイルは、以下の動画で使用したものです。 Web作成講座 floatレイアウト1 Web作成講座 floatレイアウト2 (コード解説 動画) ファイルのダウンロード float1.zip Web入門一覧

Python入門 BMI課題 (動画あり)

今までの復習として、BMIを計算するアプリを作成してください。 表示は下記のようにします。 武将の名前を入力してください 名前を入力してね [ユーザー入力値] 身長を入力してください [ユーザー入力値] 体重を入力してください [ユーザー入力値] [ユーザー入力値]のBMIは[計算結果]です。 尚、BMIの計算は次のようにします。 $$ BMI=\frac {体重kg}{(身長m)^2} $$ 解説は動画を参考にしてください。 参考になった書籍 プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。 「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。 サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「BMI1.ipynb」ファイルは、この動画で使用したものです。 BMI1.ipynb Python入門一覧

Python入門 文字列の連結とフォーマット1(動画あり)

文字列と文字列の結合は + 演算子を使います。 ただし、str型どうしでないと連結できません。 例えば、文字列と数値(int型、float型)の結合はできません。 「私は、」という文字列と、「20」というint型を + で結合しようとしてもエラーになります。 動画では、文字列と数値を結合する方法について解説しています。 解決方法は型変換を行う方法と、フォーマット関数を使うことです。 参考になった書籍 プログラミングを少しでも経験がありPython の文法を学習する場合は、「入門 Python 3」が良いと思います。長く使えます。 「退屈なことはPython にやらせよう」はオブジェクト指向の解説がないです。代わりにPythonを使った便利な実例が初心者には嬉しい内容です。正規表現から、簡単なスクレイピング 、画像操作などあります。ただし、中級者以上には少し物足りないかもしれません。 サンプルのダウンロード ここでダウンロードする「python_str.ipynb」ファイルは、下記講座で共通で使用します。 また動画内では「文字列2.ipynb」で作成しているものと同じものです。 PYTHON入門 文字列の連結とフォーマット1(動画あり) PYTHON入門 文字列のフォーマット2(動画あり) PYTHON入門 エスケープと型変換とINPUT()の使い方(動画あり) python_str  >>続きを読む

Python入門 文字列のフォーマット2(動画あり)

書式指定 書式の設定は%を使った方法とformat()を使った方法がありますが、%を使った方法はPython2で使用されていた方法で廃止される可能性もありますのでformat()を使った方法を使用します。 format()を使った方法:新しい記法 %を使った方法:古い記法 format()の使い方 format()の使い方として、クォートされた文字列の中に波かっこ{}で囲まれた「置換フィールド」を埋め込み、format( )メソッドの引数で{}の部分を置換します。 つまり、format( )のかっこ内の引数に、format( {0}の値, {1}の値, {2}の値 )のように置換したい値を指定します。引数は左から順番にゼロから始まる番号(インデックス番号)に対応します。 一般によく用いる型だけを以下の表にまとめました。 記号 型 備考 s 文字列 これがデフォルトなので、通常は省略する。 d 整数(10進数) 2進数はb、16進数はxまたはX eまたはE 浮動小数点数(指数表記) 大文字(E)の場合は指数表記にeでなくEが使われる。 fまたはF 浮動小数点数(小数点表記) 大文字(F)の場合はnanがNAN、infがINFと表示される。 小数点の桁数を合わせたいなど、書式を指定したい場合は、以下のようにインデックス番号の右にコロン:に続けて指定できます。 {インデックス番号:書式指  >>続きを読む