Python〜join()の使い方

Python〜join()の使い方

Pythonの文法では、join()メソッドはsplit()メソッドの逆の使い方として、文字を連結するメソッドと紹介されています。
なんとなくそんなものかと通り過ぎてしまいますが、大切なことはjoin()はリストのメソッドではなく、文字列のメソッドだということです。

「join()は文字列に対して呼び出して、リストを渡すという風に覚えよう!」退屈なことはPythonにやらせように書かれています。

join()メソッドの使い方

まず、つなぎたい文字列のリストを作成します。
次に文字と文字のつなぎ目をどのようなものにするか決めます。
それは、「,(カンマ)」であったり、空白だったり「’ ‘」、あるいはなにも挟まなかったり「”」とします。

string.join(list)


>>> my_list = ['aaa','bbb','ccc']
>>> my_join = ''.join(my_list)
>>> my_join
'aaabbbccc'

リスト部分を次のようにすることもできます。

>>> my_text = 'tahara','masaharu'
>>> my_join = ','.join(my_text)
>>> my_join
'tahara,masaharu'

この例では、my_textの値はタプルになります。
つまり以下のコードと同じことです。

>>> my_text = ('tahara','masaharu')
>>> my_join = ','.join(my_text)
>>> my_join
'tahara,masaharu'

join()をパスの記述で応用する

パスを書くとき、WindowsとMac、Linuxではフォルダ名の区切り記号が違います。
MacやLinuxでは、(/)スラッシュですが、Windowsは(\)バックスラッシュです。
どのOSでも共通なパスを書きたい場合次のようにします。
必ずosをインポートしておく必要があります。

import os
os.path.join(‘フォルダ名’,’フォルダ名’,’ファイル名’)

>>> os.path.join('user','bin','test.txt')
'user/bin/test.txt'