JavaScript

配列の色々な操作〜モダンなJavaScript

JavaScriptの配列の作りかたには[]ブラケットを使う方法と、newArray()を使う方法があります。 値は、数値でも文字列でもオブジェクトでも好きに入れることができます。 const numbers = [73,16,32,41,43,22,3]; const numbers2 = new  >>続きを読む

consoleの使い方〜モダンなJavaScript

「Console」オブジェクトについて JavaScriptで開発を行う際に「console.log()」は非常によく使われるし便利なものです。 そもそも、「Console」オブジェクトは、ブラウザのデバッグコンソールへアクセスするためのオブジェクトです。 「Console」オブジェクトは「log(  >>続きを読む

JavaScriptのPromiseについて

Promiseとは Promiseは非同期処理が完了した時に次の処理を約束したり、または失敗を表現するクラスです。 JavaScriptで非同期処理を行うには通常はコールバック関数を利用します。けれども、これはコールバック地獄を生み出す原因ともなります。 コールバックを使用せずにpromiseを使用  >>続きを読む

非同期処理とコールバック関数

JavaScriptは基本的にシングルスレッドで動いています。 これはつまり、JavaScriptは並行処理はできないということです。 同期であろうと非同期であろうと2つ以上の処理を同時に行なうことはできません。 JavaScriptでは、キューに登録された関数が順番にひとつずつ実行されていきます。  >>続きを読む

Vue.jsの基本(1)

Vue.jsの基本(1)Vue.jsの基本的な使い方 Vue.jsの基本(2)dataプロパティについて Vue.jsの基本(3)computedとmethodsの違い Vue.jsの基本(4)監視プロパティについて Vue.jsの基本(5)コンポーネント作成 Vue.jsの基本(6)親コンポーネン  >>続きを読む

React入門(4)classコンポーネントの作成

Reactコンポーネントの作成には、関数型とclassを使う方法の2つがあります。 関数型コンポーネントについてはReact入門(3)関数型コンポーネントの作成を参考にしてください。 ここではclass型コンポーネントについて学習していきます。 *ここで紹介するカウントアプリのソースはGitHubの  >>続きを読む

React入門(3)関数型コンポーネントの作成

このページの詳細なサンプルは「GitHubの React_sample1 funcブランチ」にあります。 コンポーネント Reactの思想としてUIの基本単位をコンポーネントと考えています。コンポーネントは部品と考えることができます。 Reactでコンポーネントを表現するには、関数を使ったコンポーネ  >>続きを読む

React入門(2)render関数の使い方〜Hello worldの作成

このページで使用するサンプルの詳細はGitHubにあります。 Reactの環境設定方法は React入門(1)環境設定 を参照ください。 Reactの開発環境を構築すると、開発用のサーバーが使えるようになっています。 早速ターミナルを開きましょう。モダンなフロントエンドの開発ではターミナルは必須で  >>続きを読む

React入門(1)環境設定

Reactとは ReactはFacebook社が開発したJavaScriptライブラリです。フレームワークとされる場合がありますが、正式にはライブラリです。 Reactは特にJavaScriptを多用したWebサービスに使われています。 その最大の特徴はjQueryのようにDOM操作を直接行うのでは  >>続きを読む