解 説

フロントエンドの開発ではNode.jsが必須になってきます。
今回はNode.jsの導入方法についての解説です。

Node.jsを導入する際に注意することは本家からダウンロードしたものをインストールするのではなく、nodeblewを使用してインストールすることです。
nodeblewはNode.js自体のバージョンを管理するツールです。
Node.jsは頻繁にアップデートが行われ、何らかのフロントエンドの開発を行う時にバージョンが合わずにエラーになることがあります。その際、適切なバージョンに変更できると面倒な作業から解放されます。nodeblewを使用してインストールすることでバージョン管理が楽になるメリットがあります。

Node.js導入準備

色々な開発環境を整える上でまずXcodeをインストールしておく必要があります。Xcodeとは、ソフトウェアを開発するためのアップルの統合開発環境 (IDE) です。Mac App Storeから無料で導入することができます。
XcodeをインストールしたらCommand Line Tools for Xcodeをインストールしておきます。
Xcodeを開いた後、 Xcodeのメニューから Xcode > Open Developer Tool > More Developer Tools
これでDeveloperの認証画面になります。

認証後ダウンロードページが表示されますので自分のXcodeのバージョンにあったものをダウンロードします。

注意点としてOSのバージョンを上げたときXcodeもそのバージョンに合ったものを再度インストールする必要があります。またCommand Line Tools for Xcodeも再度インストールしておきます。OSバージョンアップに伴う落とし穴になりますので注意。

Homebrewのインストール

HomebrewはmacOS用のパッケージマネージャーです。
つまりアプリケーションのインストールとかアップデートそしてアンインストールを簡単にしてくれるものです。

インストールは次のとおりです。

インストールが完了したら以下で確認します。

「Your system is ready to brew.」と表示されればOKです。

nodebrewのインストール

nodebrewは、Node.jsを自分のMac内でversion管理するためのtoolです。これを導入することでバージョンアップの頻度が激しいNodeも管理しやすくなります。
今回はHomebrewを使ってnodebrewを導入します。

nodebrewのインストール

ディレクトリ作成

Path設定

PATHを通すとは?
ターミナルを使用した作業を行う時に、「PATHを通す」という言葉がよくでてきます。
これは、コマンド検索パスのことを意味します。
通常は実行ファイルを実行するためには、その実行ファイルがある場所をパスで指定してから実行する必用があります。
けれどもその実行ファイルのパスを全て覚えておくのは大変です。そこである特定の場所に実行ファイルとそのパスの関連を記述しておくことで、毎回パスを入力する必用がなくなるという便利な仕組みです。
PATHの設定方法はホームディレクトリ直下にある ~/.bash_profile に環境変数 $PATH を書きます。
$PATH は毎回ログインする度にパスの指定しなければなりませんが、ホームディレクトリ配下にある .bash_profile の中に PATH=$PATH:~ と export の記述をすると毎回ログインするたびに自動で環境変数が設定されます。
尚、「~/」はホームディレクトリ直下を意味します。またドットで始まるファイル名は不可視ファイルを意味します。
exportコマンドは環境変数を表示したり、環境変数を設定することができます。
さて、ここで問題は不可視ファイルの.bash_profileにどのようにして環境変数を記述するかです。
最も簡単に実現するにはコマンドで以下のように入力します。

>>は右に指定したファイルに左のechoで表示した内容を追加書き込みすることを意味します。>だけだと上書きになりますので他の環境変数が消されてしまいますので注意してください。
また環境変数を読み込ませるために次の一文を入力します。

コマンド初心者で正しくパスが記述できているか気になる場合は、不可視ファイルをファインダーで見えるように指定しておくことでHOME(自分の名前のフォルダ)に.bash_profileをみつけることができます。適当なエディタで確認するとその内容を見ることができます。
不可視ファイルの表示は「command + shift + .(ドット)」で表示、非表示を選択できます。

Node.jsのインストール

nodebrew から Node.jsをインストールする(安定版の最新)

Node.jsの使用するバージョンを指定する(安定版の最新)

Node.jsのインストールを確認

色々やって結局 Node.jsをインストールした場所がわからなくなったら次のコマンドで確認します。