解 説

2016年2月にSourceTreeがアップデートしてアカウント取得の方法が判りづらくなりました。
Atlassianアカウント取得方法とあわせてインストールの手順の説明です。

SourceTreeインストール方法

SourceTreeのダウンロードは SourceTreeのページから行います。

git001
ダウンロードした「SourceTreeSetup_1.x.x.exe」ファイルをダブルクリックしてインストーラーを開きます。

git002
ウィザードに従ってインストールを行います。

git003

git004

git005

インストール終了後にSourceTreeを立ち上げると今度はセットアップウィザードが開きます。

Atlassianアカウント取得方法

セットアップウィザードが開いたら、「ライセンスに同意します」にチェックを入れてContinueボタンをクリックします。
「SourceTreeの使用データを送信して頂き、SourceTreeの改善をお手伝いください」はチェックを入れても入れなくてよいです。
git006

アカウントを持たない場合は右側のボタン「Go to My Atlassian」をクリックします。
git007

新規ブラウザ画面に以下の内容が表示されます。下の方にある「Need an account? Sign up」をクリックします。
git008

Email addressとFull name そしてパスワードを入力して「私はロボットでありません」をチェックし、「 Sign up 」をクリックします。
git009

git010

次の画面で完了です。登録したメールアドレスにメールが届きます。
git011

届いたメールは次のようなものです。
「Verify my email address」ボタンをクリックします。
git014

ライセンス登録画面になります。
名前を入力して「Processing」ボタンをクリックします。
git012

登録されたライセンスを見ることができます。
git013

セットアップウィザードに戻ります。
今度は左側の「Use an existing account」ボタンをクリックします。
git015

「Email」入力欄と「password」入力欄にメールアドレスとパスワードを入力してLog inします。
git016

次の画面で完了です。「続行」ボタンをクリックします。
git017

Connect an Account画面はスキップします。
git018

「SSHキーを読み込みますか?」と聞いてきたらNoをクリックします。これは後で設定できます。
git019

過去にGitを導入したことが無ければ、一番上の「システム全体ではなく、SourceTree単独で使うためだけの内蔵用Gitをダウンロードする」をクリックします。
git020

git021

Mercurialは使わないので一番下の「Mercurialを使いたくない」をクリックします。
git022

SourceTreeが立ち上がります。
git023