解 説

WordPressのナビゲーションにBootstrapのグローバルナビの設定を組み込むにはWordPressの書き出すタグのclass名にBootstrap用の「.nav」と「.navbar-nav」の2つのclass名を適用させる必要があります。

WordPressナビゲーションバーに新しいclass名を適用する方法

Btootstrapでナビゲーションバーをデザインするための基本的なHTMLコードとWordPressのカスタムメニュー作成のコードの例

ここでBtootstrapでナビゲーションバーをデザインするためにはul要素に「.nav」と「.navbar-nav」の2つのclass名を付与する必要があります。

次のコードはWordPressのナビ作成のタグの部分です。’theme_location’ => ‘navigation’はfunctions.phpで指定したnavigationを指定しています。
そして、 ‘menu_class’=> ‘nav navbar-nav’ で < ul id=”menu-grobal” class=”nav navbar-nav”> のようにulにclass名を追加できます。

functions.phpの記述

Bootstrapカレントページ用のclass名をWordPressに付加する方法

次に、カレントページを識別するためのclass名はWordPressでは「current_page_item」ですが、Bootstrapではclass=”active”がカレントページのclass名になります。
BootstrapのCSS設定をWordPressで使用するにはカレントページにclass=”active”を付与する必要があります。

functions.phpに記述する方法

フィルターフックで書き換える方法です。

jQueryのaddClass()を使用する方法

jQueryで.activeを追加する方法です。

functions.phpに記述する方法がスマートですね。