解 説

いちごの写真でパターンを作成

果物などの写真を上手に選択して切り取ります。
その画像をパターンにするとおしゃれなパターンができあがります。

素材の画像
str1
完成
strawbery1

  1. まず、背景レイヤーをダブルクリックしてレイヤーに変更しておきます。
  2. 背景部分を自動選択ツールで削除します。
    jidou
  3. メニューから「選択範囲」→「選択範囲を反転」で選択範囲を反転してDeleteキーで背景部分を消します。
  4. 長方形選択ツールでShiftキーを押しながらいちごの部分を選択します。出来上がった画像を正方形に選択することができます。
  5. メニューの「編集」→「変形」→「拡大縮小」を選んで画像を縮小します。およそ50pxくらいの幅にします。
  6. 縮小した画像をコピーしておきます。
  7. 新規で幅100px、高さ100pxのファイルを作成します。このファイルがパターン定義用のファイルです。ここに先ほどコピーした「いちご」をペーストします。
  8. メニューから「フィルター」→「スマートフィルター用に変換」を選択してスマートオブジェクトにします。
    yuge1
  9. いちごのレイヤーを新規レイヤー作成ボタンにドラッグするといちごのレイヤーが複製されます。
    str2
  10. 複製されたいちごのレイヤーを選択してメニューから「フィルター」→「その他」→「スクロール」を選択して水平、垂直の値を50pxとします。ここの値はファイルの大きさの半分が目安です。更に未定義領域をラップアラウンドにします。
    str3
  11. 背景レイヤーは削除しておきます。
  12. メニューの「編集」→「パターンを定義」でパターンとして登録します。
  13. 新規ファイルを作成してツールバーの塗りつぶしツールで塗りつぶしをします。このときオプションバーの「塗りつぶし領域のソースを設定」でパターンを選び、先ほど作成したいちごのパターンを選びます。

シェイプツールでのパターン作成

いちごのパターンの素材はイチゴの写真で行いましたが、これはシェイプツールやペンツールでオブジェクトを描いて作成しても同じです。
例えば以下の作例は幅100px、高さ100pxのファイルを新規に作成してイチゴの時と同様の手法で作成したものです。

pattern102

出来上がったパターンは以下のようになります。
back2