解 説

P1000421

背景に画像があり、表面は黒などの「べた塗り」になっている。
そして、表面の黒を引っ掻いて背景の画像を表示させる技法です。

これは、簡単にできます。

手順

  1. 素材の画像を用意します
  2. 黒のべた塗りレイヤーを作成します。(メニューから「レイヤー」→「新規塗りつぶしレイヤー」→「べた塗り」)
  3. べた塗りレイヤーにレイヤーマスクをかける。参考画像の赤丸で示したボタンをクリック

    layer01

  4. 細めのブラシ(クレヨン(ワックス)など)で「べた塗りレイヤー」を引っ掻いて背景の画像を表示させます。
  5. 背景画像に色調補正をかけてさまざまな効果をつけることができます。

ポイント

簡単な割に効果のある手法です。
テクニックとしてはレイヤーマスクの練習になります。
レイヤーマスクのかけ方は手順に書いたとおりで、参考画像の赤丸で示したボタンをクリックすることでマスクがかかった状態になります。
なにもしないと何の変化もありません。マスクをかけた状態で黒色のブラシを使うと黒く塗った部分にマスクがかかり、下が透けてみえるようになります。反対に白色を塗るとマスクが消えて再び背景が見えなくなります。
グレーを使用すると半透明の状態で下が透けて見えます。マスクの使用方法を実感できるテクニックです。

*Photoshopのマスクの使い方は中級を目指す上で必須になります。まめに練習をしておきましょう。

黒色を塗るにはブラシ以外にも選択範囲を指定して流し混んだり、選択範囲を指定して塗り込んだりするこもできます。

色調補正はメニューの「イメージ」→「色調補正」から選ぶこともできますが、通常はメニューの「レイヤー」→「新規調整レイヤー」から行うようにします。この方法だと実際の画像に変化を加えないので何度もやり直しがききます。できるだけ後者の方法を使用するようにしましょう。

*ブラシのクレヨン(ワックス)はオプションの中のドライメディアブラシにあります。ブラシも色々試してみましょう。

アートに挑みながらPhotshopのテクニックを身につけていきましょう。