解 説

jQueryとは

jQueryはWebデザイナーやWebプログラマーの間で最も人気のあるJavaScriptライブラリーのひとつです。

ライブラリとは:ある特定の機能を持ったプログラムを、他のプログラムから利用できるように部品化し、複数のプログラム部品を一つのファイルにまとめたものです。

jQueryはJavaScriptと比較するとコードが圧倒的に少なくて済みます。
また、CSSに近い記述方法を採用しているのでWebデザイナーにとって取っ付きやすい設計になっています。
更に、JavaScriptはブラウザによって解釈が変わってくるため、ブラウザごとのスクリプトを書変えなければなりませんが、jQueryはその部分についても面倒をみてくれます。つまりクロスブラウザ対応がなされているのです。
*Javascriptにおいても悪名の高いIEは解釈が異なっています。

dog_dom3

jQueryライブラリはクエリ(問い合わせ)に焦点を当てています。ドキュメントのノード(要素)を探し出して、そのノード(要素)に対してコンテンツの追加、HTML属性、CSSプロパティの編集、イベントの定義、アニメーションの実行を簡単に行うことができます。これらの実行は多くのメソッドで実行することができます。わかりにくい言葉で表現しましたが、要はjQueryはDOMを手軽に操作して文書構造を動的に変更する便利な仕組みと考えていただければよいでしょう。

jQueryを使うための準備

公式サイトからjQueryライブラリをダウンロードしてきます。
jQueryのソースコードには変数名を短くし、コメントや空白を削除して読み込み速度を早める書き方をしたMinified版があります。
通常はMinified版を使用します。
Development版はjQueryの解析をする場合などに使用します。

または、ダウンロードのボタンからリンク先をコピーしてそのアドレスを直接指定する方法もあります。
googleのサービスを利用することも可能です。これらの直接リンク方式は制作途中のテストや学習のためには便利ですが、サイト完成後はライブラリをダウンロードしておいた方がよいでしょう。

jQueryライブラリ呼び出しのための記述例

本家サイトと直リンク記述例

Google Hosted Librariesを利用する記述例