解 説

モーショントゥイーンについて

モーショントゥイーンは、1 つのオブジェクトプロパティに対して、異なるフレームに異なるプロパティの値を指定することで作成されるアニメーションです。Flash は、その 2 つのフレームの間にあるプロパティの値を計算して簡単にスムーズなアニメーションを作成することができます。トゥイーンという用語は、英語の「in between」(インビットゥイーン:間)に由来します。

モーショントゥイーンを作成するとタイムラインにトゥイーンスパンが作成されます。トゥイーンスパンは、オブジェクトの 1 つ以上のプロパティ 時間経過に沿って変更できる、タイムライン内のフレームのグループです。

モーショントゥイーンの作成方法

  1. オブジェクトをムービークリップシンボル化します。
  2. 出来上がったインスタンスを右クリックして右クリックメニューから「モーショントゥイーンを作成」を選択します。
  3. フレームレートと同じフレーム数のトゥイーンスパンが作成されます。
  4. インジケータが最終フレームあるいは目的のフレームにあることを確認してオブジェクトを移動または拡大縮小、カラー効果、フィルターの設定などを行います。
  5. オブジェクトを回転させるにはトゥイーンスパンを選択してプロパティから回転を選択して設定します。もう一つの方法はオブジェクトを選択して自由変形ツールまたはメニューの「修正」→「変形」→「伸縮と回転」で設定することもできます。最初の方法はあくまでトゥイーンスパンに対して回転の設定を行い、後者はオブジェクトを直接変形させることを意味します。両方の設定を仕掛けることもできますが、トゥイーンスパンに設定した回転の変更はできなくなります。
  6. トゥイーンスパンができると単一のフレームを選択できなくなり、トゥイーンスパン内のどこをクリックしてもトゥイーンスパン全体が選択された状態になります。どうしても単一のフレームを選択したい場合はcommand(ctrl)キーを押しながら選択します。
  7. 特定のフレームにキーフレームを挿入する場合はインジケータをそのフレームに合わせて右クリックメニューから「キーフレームの挿入」を行います。右クリックする場所はトゥイーンスパン内ならどこでもOKです。インジケータを目的のフレームに合わせることがポイントです。