解 説

制御命令

プログラミングでは処理を分岐していく必要がでてきます。その分岐方法としてif文とswitch文があります。

if命令文

「もし~ならば、・・・命令を実行する。そうでなければ、・・・・命令を実行する」そんな分岐方法がif文です。与えられた条件式がtrueまたはfalseいずれかでそれぞれの命令を実行します。

簡単な例を見てみましょう

スクリプト実行結果です。

switch命令文

switch文ではbreak命令が重要です。breakを指定してないと当該caseを抜け出せずに、次のcaseブロックがすべて実行されてしまいます。caseの後に空白を挟み、値を記入します。そして半角コロン「:」を記入しますが半角コロン「:」も間違いやすいので注意が必要です。

おみくじの例です。

スクリプト実行結果です。