解 説

ベクトルマスク

レイヤーマスクと似た機能にベクトルマスクがあります。

  • レイヤーマスクは解像度に依存するビットマップ画像のマスクで、ペイントツールまたは選択ツールで編集します。
  • ベクトルマスクは解像度に依存しないマスクで、ペンツールまたはシェイプツールで作成します。

ポイントはベクトルのパスを使用することでビットマップに依存しない綺麗な曲線で選択ができることです。けれども選択する対象はあくまでビットマップですからやっぱりビットマップのギザギザ付きで選択されてしまう訳ですがね。
それとパスで囲まれた内側の画像が表示されてそれ以外が透明(マスクされた状態)になるのが特徴です。

ベクトルマスクの使い方はレイヤーマスクの使い方と似ています。
簡単な例で試してみましょう。

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。背景パネルはダブルクリックしてレイヤーパネルに変更しておきます。
  2. 画像を表示したい選択範囲をペンツールかシェイプを使用してパスを作成します。
    この時、シェイプを利用する場合はオプションバーの設定をパスにしてください。
    be1
  3. レイヤーパネルのレイヤーマスクを新規作成するボタンをCommandキー(Ctrlキー)を押しながらクリックして、選択範囲を表示するマスクを作成します。
    メニューから操作する場合はレイヤー/ベクトルマスク/現在のパスを選択します。パスに囲まれた部分のみ表示されてそれ以外は透明(マスクされた状態)になります。

    be2

完成例
be3