解 説

Photoshopの選択範囲とマスクの見分け方は結構混乱してしまいます。
少し整理してみましょう。

アルファチャンネルでは選択部分は白で表現され、マスク部分が黒で表現されます。

クイックマスクでもマスク部分に色を着けていきます。(デフォルトでは50%の透明度の赤)

クイックマスクモードから描画モードに戻して、選択部分の保存でアルファチャンネルとして保存したら、着色した部分が黒に表現されマスクの領域になります。

アルファチャンネルでもクイックマスクでも色が着いている方がマスク、つまり選択部分以外になると覚えておくといいかもしれません。

選択部分はなんらかの加工が施されて、マスク部分はそのままの状態になります。

マスクはマスキングテープされた状態のことです。

では、レイヤーマスクについて考えてみましょう。

下のレイヤーに花の写真、上のレイヤーは青のベタ塗りを施しました。

上のレイヤーにレイヤーマスクをかけてマスク部分を黒で丸く塗ってみました。

そうすると黒く塗った部分が透明になって下のレイヤーの花が現れてきます。

ちょっと変な感じがしますが、これもやっぱり上のレイヤーに丸くマスクをかけることにより青のベタ塗りをマスクしているわけです。そのためマスク部分が透けるように見えるのです。

 

付け加えておきますと、グレーは半透明になります。グレーの階調で透明度が変わるわけです。

今回は解りやすいように、グレーは考えないで白か黒の2階調のみで考えています。

なお、選択範囲とマスクの色は設定で逆転することもできますが、話がややこしくなりますのでデフォルトの状態で考えています。